×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ルネッサンス・リゾート 沖縄は口コミでザ・ビーチタワー 沖縄をけって決めてしまいました

ルネッサンス・リゾート 沖縄に行ってきました。南国のリゾート、いかにもリゾートホテルとか、いかにも宝島ってところに行きたくて、それならと事前に口コミで聞いていたところがいくつかあったのですが、ザ・ビーチタワー 沖縄とどっちにするか、口コミを信じてルネッサンス・リゾート オキナワに決めて大正解でした。澄んだ青い空、紺碧のプライベートビーチというのか、ここではラグーンと呼ぶのか、そして、沖には浮島が浮かび、すべてがよく整備されています。沖縄本島の海はもう汚れているのだろうなと、あまり期待していなかったのですが、いい意味で裏切られました、サンゴ礁がとにかくきれいです。宿泊者たちが、水上バイクやパラセーリング、バナナボードなどのマリンスポーツを楽しんでいるのが、目に飛び込んできました。全室オーシャンビューの大きくてオシャレなルネッサンス・リゾート 沖縄の建物と一緒に、「ここに泊れるんだぁ」と、感動と同時に目に飛び込んできます。チェックインして、豪華でキレイで沖縄のムードたっぷりの客室を楽しむのは後回し。すぐにプールに行きました。

スポンサード リンク

ドルフィンプログラムと山田温泉も付いててビックリ

プールは夜でも入れるので、先にビーチが良いかとも思いましたが、なんとなく「リゾートのプール」が好きなので、まずはプールです。そして気が済んだら外へ(笑)。ラグーン内ではたくさんのアクティビティが楽しめます。さらにヨットハーバーまであって、そこからはオプショナルツアーにいくこともできます。イルカのプールまであるんですよ。そこでは、ドルフィンプログラムというのがあります。なんと、イルカと一緒に泳げたり、触ったり、指示を出したりできるんですよ。ここまで充実したリゾートも、そう多くは無いですよね。ちなみに、ダイビングやクルージング、セイリング(思わずロッド・スチュワートを歌ってしまいました(古っ))、トローリング&フィッシングも、当然できます。そしてびっくりしたのは、ホテル内から、なんと温泉が出るんです。ルネッサンス・リゾート 沖縄ができる前は「山田温泉」という旅館があったのだそうです。温泉の少ない沖縄にあって、大正時代に自然湧出が発見され、古くより愛されてきた由緒ある温泉なのだそうです。1988年に現在のルネッサンス・リゾート 沖縄が建てられ、山田温泉はルネッサンス・リゾート 沖縄のホテル施設の1つに組み込まれたんですね。今では「リラクゼーション施設 Yamada Spa(山田スパ)という名前になって、ちゃんと「山田温泉」が生きています。山田スパ内では、温泉を利用したアロママッサージや足裏マッサージもやっています。

芸能人がお忍びで来るという、沖縄でうわさの話

ルネッサンス・リゾート 沖縄は、私の中では、沖縄本島では最高のホテルです。さすが芸能人がお忍びで来るという、うわさの話があるだけのことはあります。きっとオフシーズンには有名人が何人も来るんでしょうね。エビちゃん(蛯原友里)とか長澤まさみとかがCM撮影とかでいたら、もう大パニックですね。昔、久米島の「リゾートホテル久米アイランド」に7泊したことがありますが、それぞれ良さがあって単純に比較はできませんが、ルネッサンス・リゾート 沖縄は本当に最高でした。やはりポイントは温泉とイルカですかね。まさか沖縄の大規模リゾートで温泉まで味わえるとは。食事もおいしかったです。私はリゾートに行くと朝食にこだわるのですが、海を見ながら食事が楽しめる、「セイルフィッシュカフェ」がよかったです。何泊でもしたくなるホテルを見つけたと思いました。もう、ずーっと1ヶ月くらい泊っていたかったのですが、お金と仕事が、なかなかそうもさせてくれません。最終日は、よくスーパーでダダをこねてる子供のように、「帰りたくないよ〜」と泣きそうになりました。でも、リピーターになって、また来るんだと心に決めて、従業員さんにサヨナラしました。みなさんも一度どうぞ。ルネッサンス・リゾート 沖縄の所在地は、那覇空港より車で60分の沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2です。ここはなんと沖縄海洋国定公園内なんです。これもすごいことですよね。リムジンバスの「芭蕉号」というのもありますし、路線バス(那覇空港(国内線第一ビル前)より 120番空港リゾート線乗車)もありますので、交通手段も整っています。

Copyright © 2008 ルネッサンス・リゾート 沖縄体験記